< Translate >

2019/12/06

2020年はTWSイヤホン(完全ワイヤレスイヤホン)が熱い!

  • Apple / AirPods Pro
  • SONY / WF-1000XM3
等に代表されるTWSイヤホン。
Appleが2016年末に「AirPods」を発売して以来、ホットで進化の早いカテゴリです。

私はジョギングで使うためにTWSイヤホンを購入しましたが、
色々調べてみると「2020年はTWSイヤホンが熱い!」ので、
TWSイヤホンの選び方など書いてみたいと思います。


2019/11/23

#アレクサ その6 ~ Echo Spot逝く。。。 ~

数日前から「Echo Spot」の液晶画面が乱れる(縦に揺れる)現象が起き始めました。
一度電源ケーブルを抜いて再起動してみましたが現象治らず。
購入後13ヶ月目のことでした。
Echo Spotの保証期間は1年です。。。


2019/08/17

「炭酸水メーカー」買ってみました その1 ~ 必要なもの ~

2016年5月、24本入のペットボトル炭酸水を初めてアマゾンで購入しました。
それ以来、ペットボトル炭酸水を3年間飲み続けてきました。
しかし、「炭酸水メーカーのほうがコスパ良い」と見聞きし、
炭酸水メーカーを買ってみました。
私は以下のセットで炭酸水を作り家で飲んでいます。



さて、炭酸水メーカーのコスパに関わる要素は
  • イニシャルコスト
  • ランニングコスト
  • 飲む量
  • 炭酸濃度
です。
炭酸水メーカーのコスパを示す数字としてよく見かけるのは
  • 1リットル○○円で炭酸水が飲める
  • ○○ヶ月で元が取れる
という数字です。
「1リットル○○円」という数字はランニングコストだけで見ると便利な数字ですが、
イニシャルコストを含むと「○○ヶ月で元が取れる」という数字のほうが便利です。

そこで、「○○ヶ月で元が取れる」という数字、つまりは「累積コスト」
正確に算出するため計算してみました。計算結果の一部が以下のグラフです。
このようなグラフを見ると、「○○ヶ月で元が取れる」というのがよく分かります。



次回の記事で条件別累積コストをご紹介させていただこうと思いますが、
まずは「炭酸水を作るのに必要なもの」について書きたいと思います。

2019/06/08

「G VARIO 14-140mm / F3.5-5.6」 ~ 使い勝手・画質 ~

「G VARIO 14-140mm / F3.5-5.6」を購入してから半年ほど経ちました。
本日はこのレンズの使い勝手、画質に関して書いてみたいと思います。


2019/05/24

#アレクサ その5 ~ WiFi内蔵壁スイッチ ~

アレクサ導入以来、私はリモコン対応のシーリングライトを声で操作してきました。
アレクサで最も便利に感じているのは声によるシーリングライトのON/OFFです。

しかし、1つだけ不満に思っていることがあります。それは、
「手で壁スイッチを押せば0.3秒、声だと3秒かかる」
という点です。
「アレクサ、電気点けて」で1.5秒、実際に電気が点くまでに1.5秒程度。
急いでる時の3秒は地味にストレスです。

両手に荷物を持っている時、壁スイッチに手が届かない時、声でシーリングライトを
操作出来ることがとても便利だと感じます。
しかし、両手があいていて、壁スイッチに手が届く時も2割くらいはあるんです。
そういう時、「3秒待つのって億劫だな」と感じるんです。
そこで、その2割の億劫を改善してくれるのが「WiFi内蔵壁スイッチ」です。